春爛漫 その2


 外房へ春の味覚を貪る旅のメインは初鰹だが、一泊するので初日の昼と2日目の昼がある。こういう時、私はメイン料理とは趣向を変えて楽しみたいと考える。そこで、初日の昼は軽くカレーを食べる。山間の段々畑の中に嘘のような美しい景色を眺めながら、オリジナル豆カレーを味わった。

f0238572_192835.jpg

鴨川には、まだこんな日本の原風景があるのだ。

f0238572_1851237.jpg
「草 so」というカフェギャラリー。窓が風景のフレームのよう。空は雨模様だが、落ち着ける空間。

f0238572_1954614.jpg
玄米と春野菜とひよこ豆のカレー。カシミール地方のカレーをアレンジしてあるようだ。マスタードシードなとが入っていて、ちゃんとスパイスを炒る処から作っているのが分かる。素朴で飾り気のない自然な味だが、美味しく印象に残る。


 このカレーに其々、コーヒーやらハーブティーやら好きなお茶と組み合わせた。夜の事を考えると、昼はこの位でちょうどいいのだ。居心地のいい店であった。

 2日目は、年に一度しか行かないのにすっかりお馴染みになってしまっている「村のピザ屋」だ。マスターが俳優の千葉真一に似ている。燻製小屋があり自家製ベーコンやプロシュートを作っている。勝浦で買った筍とトマト、それに桜エビを持ち込んで焼いてもらった。石窯があるのでこんがり美味しいピザが味わえる。

f0238572_1919166.jpg
左:筍とアンチョビのピザ。朝掘ったばかりの筍をそのまま渡して出来上ったのがこれ。生地はもっちりサクサクでコクがあり、筍の淡白な味にアンチョビが絶妙な塩味を加える。右:しらすのピザ。これも絶品。具としてのしらすと炒ってトッピングしてあるしらすの2通りを楽しめる。これも旨い。

f0238572_1927777.jpg
左:シンプルにバジルとチーズだけのピザだが、ガーリックの風味が旨みを倍増。生地のクリスピーな感じが引き立つ。右:朝採れトマトと桜エビのピザ。これも風味と食感が絶妙な一品。材料持ち込みでピザを焼いてもらうという我儘をいつも聞いてもらっているが、ここで食べたら宅配はちょと・・・と思ってしまう。


 こうして、趣向を変えた食事はなかなか楽しい。元来私は魚好きで、漁港付近へ出向く旅が多いが、いつでもお決まりの海鮮料理というのでは、芸が無さ過ぎると思うのだ。

  
[PR]
by oishiimogumogu | 2011-04-30 19:44 |


酒・食・器そして旅のたわごと・・・


by oishiimogumogu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-28 13:36
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-25 11:09
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-20 20:20
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-14 09:50
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-10 12:45

ライフログ


男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

お気に入りブログ

ご利用はご計画的に。
ご利用はご計画的に。
+nao日記+
虎魚の愚息の独り言
ペルめし。ラテめし。
ハギーの日和見日記
ひろ窯ブログ

Link

カテゴリ

全体
日々の食卓
つくろうシリーズ
旨い店

器・食器・調理器具
酒・酒器
music
Photograph
その他

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
食べ歩き

画像一覧