外房へ②

 全米オープンが開幕している。朝4時から観戦。少々寝不足だ。

 海から戻ると、シャワーを浴びて買い物へ。地魚を扱う魚屋にも行った。まるまる太った鰯が本当に美味しそう。色んな魚があって、見ていて飽きない。ここでは蛤を買う。こういう時にカメラを持ち歩くのを忘れて、写真が撮れない。もう一軒の魚屋で大きなイトヨリを買う。これは、何を隠そう松茸の土瓶蒸し用だ!大きな浅蜊や海老はパエリヤ用だ。私は最後に行ったスーパーで、ウコンの力superを買った。
 
 戻ると、昼から出ていた薄い月が柔らかく輝きだした。キッチンでT氏は鯵のなめろうを作っている。パエリヤ用のスープは既に鍋からいいにおいを漂わせている。H氏はイトヨリを捌く。
 庭にテーブルセッティングをして、パーティの始まり。メニューは、地魚の刺身(イトヨリ・鯵)、鯵のなめろう、焼き蛤、焼き鳥、焼き松茸、松茸土瓶蒸し、ステーキ、シーフード・パエリヤ、シャンパン
f0238572_22503631.jpg

 そんなに食べきれるのかと思いきや、誰一人リタイヤしない。宵にさしかかり半月は、美しくその光を夜空に放っている。シャンペンは料理によく合う。T氏のスぺシャリテ鯵のなめろうは、大葉の上に鯵の刺身を広げ、その上になめろうを乗せ、大葉ごと巻いていただく。そんな食べ方もあるのだと感心したが、味も食感も最高。その上、大葉の香りがアクセントになり、それぞれのうま味を引き立てる。「ああ、ご飯が欲しい」と、思わず無粋な事を口にして、笑われた。捌いたばかりのイトヨリも身が引き締まっていて、甘味を感じる。
f0238572_23132622.jpg

 「彼は、焼きマイスターだから。」と、H氏がT氏を紹介してくれた。その称号通り、蛤を香ばしく美味しく焼いてくれる。蛤を焼くのも久しぶりだったが、活きがいいので醤油も酒もいらない。そのままの塩味で十分だ。焼きマイスターは、続いて焼き鳥(Kさんと私が串に刺した地鶏のもも肉)を炭火で焼いてくれる。これも塩だけでよい。焼き鳥の焼き加減は、流石にマイスターだ、表面はカリッとそれでいて、肉はジューシーだ。
f0238572_23274189.jpg


と、いうわけでこの夜のスペシャリテに近づいてきたが、もう眠いので一旦寝ます。

★つづく★

[PR]
by oishiimogumogu | 2012-08-30 23:31 |


酒・食・器そして旅のたわごと・・・


by oishiimogumogu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-28 13:36
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-25 11:09
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-20 20:20
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-14 09:50
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-10 12:45

ライフログ


男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

お気に入りブログ

ご利用はご計画的に。
ご利用はご計画的に。
+nao日記+
虎魚の愚息の独り言
ペルめし。ラテめし。
ハギーの日和見日記
ひろ窯ブログ

Link

カテゴリ

全体
日々の食卓
つくろうシリーズ
旨い店

器・食器・調理器具
酒・酒器
music
Photograph
その他

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
食べ歩き

画像一覧