<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

胃カメラデビュー

 房総の旅の続きを書く前に、一昨日初めて胃カメラなるものを経験したので、ちょっと書いておこうと思う。

 今までは、バリウムを飲んでのレントゲン撮影だったが、一昨年小さいポリープが見つかった。所見は悪性腫瘍の可能性は低いし、自然消滅することもありうるので、来年の検査で大きくなっていなければ、除去する必要もないとのことだった。
 「悪性の可能性は低いとはいうものの、ゼロではないこの胃の粘膜の吹き出物に1年も時間を与えていいのか。その間もしも成長したらどうすんだ・・・」少し不安になったが、口にするかどうかをためらっているうちに、医師の診察は終了してしまった。検診後、この小さいポリープは特に自己主張することもなく、ひっそりと佇んでいてくれたお陰で、ほとんど思い出すこともなく月日は過ぎて行った。
 昨年の検診でも特に大きくなってはいなかった。ただ、医師は自然に消えてなくならなかったことに、少し期待外れの感があったようだ。問題はないとしながらも、念のために次回は目視検査を行った方がよいということになった。ポリープが発見されてから、2年が過ぎて漸く正体をはっきりさせようじゃないかということのようだ。
 自分の身体の中でも胃袋は特に大事な器官でもある。そんなことで、テキの正体がわかるというなら、この際多少のことは我慢して、胃カメラを飲むことにした。・・・・のはいいが、いざ本番となると、めちゃくちゃ緊張する。その緊張を悟られないように、表情に注意して控室に入ると、手の平は汗でぺったり濡れている。こちらの頭の中は半分真っ白なのに、看護師達は平然と試薬を飲ませ、喉に麻酔液を吹き付け、つばは呑みこまずティッシュに出すことなどと指示を出し、テキパキと準備を進めている。
 喉の奥の感覚がなくなって来た頃、名前を呼ばれて、検査室へ入る。言われたとおりの姿勢で検査台に横になった。筒状のプラスチックのマウスピースを噛んでから緊張はピークに達した。楽にして下さい」と言われても無理だ。額に汗が滲むのを感じたとき、まだ覚悟も出来ていないのに、9.2mmのCCDカメラがマウスピースを通して侵入してきた。喉を通るとき、激しい吐き気に襲われる。しかし、昨晩からの絶食で、胃の中は空だ。吐き気は空を切り、カメラはさらに食道を通過する。感覚で分かる。幽門を通る時は痛い訳じゃないけど、かなり辛かった。
 「十二指腸にいきまーす」遠くでそんな声を聞きながら、実態のないものが断続的にこみ上げてくる。ゲップは我慢して下さいとマニュアルには書いてあったが、出来るもんじゃない。看護師が背中をさすってくれる。
 「組織とりまーす」「よし、カンペキ」「もう少しですよ~」そんな言葉を聞きながら、胃の中を蠢くカメラに圧迫させられて苦しい。いつ終わるのだろうか、時間の感覚は消えている。こんな思いをしながらおとなしく横たわっているのは理性なのだろうか・・・くだらないことが頭を巡る。その時、カメラが元来た道を帰り始めるのを感じた。喉を通る瞬間はまた強烈な吐き気。そしてするりとカメラが外へ出た。
 「終わりましたよ~。ゆっくり起き上って下さい」起き上ると、もう気分の悪さは無くなっていた。「よく頑張りましたね~」そんなことを言われるのは、きっとかなり大変そうに見えたからだろう。
 パソコンの画面で初めて、自分の食道と胃それに十二指腸の中を見た。ポリープは3mmくらい。「これは、癌化する可能性はありんませんよ。大丈夫です。」「ただ、1か所、粘膜列断、まあ、擦りむいたようになっているところがありまして・・・」なるほど、こちらも3mmくらいで、白く皮がむけたようになっている。「念のため、ここの組織をとりました。最後に、癌細胞を染め上げる染料を散布しましたが、きれいに流れました。組織サンプルの検査結果はまだですが、その他は問題ない。サンプル採取の傷が治るまでは、刺激物はあまり取らないようにしてください。それだけです。」
 こうして、胃カメラデビュー戦は終了。こんなに緊張したのは何年振りだろうか。反動で、終わった瞬間から少し放心気味。一通り説明が終わった後、「何か、質問はありますか」と言われたが、思いつかなかった。あとで、組織を取った場所が、胃のどのあたりだったのか聞けばよかったと思った。

 放心のなか、自分の胃や食道の動画を見ながら、「ホルモン焼きを」を漠然と想っていたことが恥ずかしい。
[PR]
by oishiimogumogu | 2012-04-27 19:23 | その他

誕生日だった

 昨日は誕生日だった。外出先から戻ると、留守電に母親からメッセージが1件。再生すると、まあ、毎年そうなのだが、一応お祝のお言葉と一年分の小言と説教が5分42秒にわたって録音されている。全部を聞いていると貧血を起こしそうになるので、1分30秒程聞いて消去した。
 朝はきちんと起きろだのちゃんと食べろだの運動しろだの・・・延々と続く。プロローグをちょっと聞いただけなのに一気にテンションが下がる。立ち直る為に「バーボンでもひっかけるか」とグラスに氷を入れたところで、思い出した。明日は人間ドックで胃カメラの検診がある。つまり、20時以降の飲食(お茶類、水を除いて)は禁止だったのだ。時計は20時35分、既にタイムアウト。ああ!立ち直るきっかけを失い、私の視線は宙に漂っていた。
 誕生日なのについてない。
[PR]
by oishiimogumogu | 2012-04-25 23:30 | その他

房総の春


 いつもは誕生日の頃に出かける習わしだが、今回は4月も前半の週末に房総へ向かう。毎年1泊2日の勝浦詣では、必ず雨が伴う。二日間ともの時もあった。大抵はどちらか一日は雨なのだ。ところが今年は、初日から大いなる青空に恵まれた。初参加の夢八氏が晴れ男なのだろうか・・・
f0238572_20344289.jpg
花見客など一人もいない「桜の名所」で我々だけの為に咲いたような桜を愛でる。暑くも寒くもない爽やかな空気の中、見上げると空色をバックに満開の桜が気持ちよさそうに風に揺れていた。
f0238572_20442062.jpg
こうして、今年も房総への短い旅がはじまった。

つづく


[PR]
by oishiimogumogu | 2012-04-16 20:45 |

朝食にはビタミンCを


 これを毎朝2個食べる。ビタミンC補給のための大切な朝食。カリフォルニアのメローゴルドという品種のグレープフルーツ。爽やかな甘さと優しい酸味があり、したたるジュースがたまらない。
f0238572_23154556.jpg


[PR]
by oishiimogumogu | 2012-04-15 23:16 | 日々の食卓

パスタにも春を

 あ~、いい天気だ!外に出たい。風もないし、多摩川の土手でも自転車で走ったら気持ちいいだろうなぁ~。
 だが、こういう時に限って、ゴリ押しの修正仕事が入る。のんびりサイクリングなどというささやかな願望も、無残に打ち砕かれる。修正部分は内容的に一括管理システムが使えないので、ひとついとつ拾っては直し・・・延々と・・・続く。
 実にめんどくさい。半日パソコンの前にいるのに全然はかどらない。さっさと終わらせればいいのに、ついついネットサーフィンをしてしまう。集中できない。もう飽きた・・・
 だが、飽きたからと言って止めてしまう訳にもいかないのが辛いところだ。ここはひとつ気分転換に何か食べよう・・・そう思って、モサモサ頭のまま階下へ降りる。

f0238572_14294048.jpg

 階段を降りながら、「麺で行くか・・・」と、思う。一階に降り、キッチンのドアを開けながら、「麺は、ラーメン?蕎麦?焼きそば?いや、パスタだ。」と、思考を巡らす。
 次に冷蔵庫ををチェック。天ぷらや筍ごはんに使った筍の残りが出汁に漬かったまま密閉容器の中で、出番を待っていた。「そろそろ使っちゃわないと・・・」。筍のパスタになることは、これで決定。
 では筍パスタのベースをどうするか。ニンニクと鷹の爪で、安易に筍のペパロンチーノ風と言うのでは芸がないな・・・と、考える。だいいち、先日、たこさんから、「筍のパスタはどうやって作ったらいいの?」と聞かれ、「ペパロンチーノにしなよ。」と、簡単な作り方を教えたばかりだ。彼はきっとそれを実行して、写真をブログに載せるに違いない。だとすると、同じものを作ったら、味は断然こちらが上だとしても、高性能カメラを所有する彼の写真の方が旨そうに見えるに決まっている。そんなのは嫌だ。
 他に何かないのか?改めて見回すと生クリームがある。まだ賞味期限前だ。と、云う事は、筍のクリーム煮が出来る。それをパスタソースにすればいい。でも、もう一品、何か肉系が欲しいところ。冷凍庫を開けたらベーコンやら塩豚に混ざって鶏モモ肉が半分、律義にラップで包まれて凍っていた。よしこれを使おう。決まりだ。
 漸く筍のクリーム煮の構成要素が揃った。それに、木の芽が少し残っていることも思い出す。いいね~。

f0238572_14512752.jpg
 材料は、鶏モモ肉。筍の出汁煮(ほんのり和風)。大蒜のみじん切り。白ワイン。生クリーム。塩。ナツメグ。木の芽(イタリアンパセリでもOK)。
f0238572_14563614.jpg

 初めに、鶏肉に軽く塩胡椒して、大蒜で香りづけしたオリーブオイルでこんがり焼く。キッチンペーパーでフライパンの余分な脂を拭き取りながら鶏肉を焼くと、うまくいく。大蒜は強火だと焦げるので、中火以下で。
 鶏肉が焼けたら、筍にさっと火が通るくらい炒め、白ワインでフランべ。アルコールが飛んだら生クリームを投入。グツグツと煮えてきたら、塩で味を整え、ナツメグを卸す。皿に盛ったら、木の芽をトッピング。
f0238572_16285668.jpg


 ちぎった春キャベツを卸した新玉葱とポン酢、オリーブオイル、メープルシロップを少しだけ加えたドレッシングで和えたサラダを付け合わせにいただく。
 先週末に千葉の大多喜で買ってきた朝掘りの筍は、香りも歯ごたえも生きていて、クリームソースとよく合っていた。鶏肉のうま味は、バランス良く全体を引き立て、木の芽のアクセントがくすぐるような春の香りを演出してくれた。あ~、旨かった。たこ氏の筍と菜の花のパスタが楽しみだ!
 

[PR]
by oishiimogumogu | 2012-04-15 15:36 | 日々の食卓

春と言えば・・・

 あまり本気にしていなかったけど、結局ミサイルは飛んでこなかったようだ。まあ、まだ16日まで予告期間があるけど、飛んでくるミサイルを撃ち落とすことが出来るのだとしたら、見たいとは思うが・・・失敗すると、大変なことになるから、やはり発射は無い方がいい。

 春だぁ~と、思わず伸びをしてしまった。申し分ない気候の穏やかに晴れた日中だった。先週末、年に一度の初鰹詣でをした。千葉県の勝浦に行ったのだ。そのことは、また、後で書くことにするが、外房は春の山の幸である筍も旨い。初鰹詣での際は、欠かさず掘りたての筍を買って帰る。福島原発の放射能の影響で、一部出荷できない地域もあると、数日前から報道されていたが、いつもの筍農家のある地域は出荷に問題ないということで、今年も今掘って来たばかりという野口農園の筍を手に入れることが出来た。

 千葉から夕方戻って、すぐさま筍の下ゆで作業だ。泥のついた皮をはがし、先端を斜めに切って、かぶるくらいの水と米糠で、30分くらい茹でて放置。翌日、余分な皮を剥がして、出汁で炊く。本来、前夜に鰹節を掻いて水出しを取って、昆布を入れて一煮立ちと手順を踏むところだが、この頃頂き物の“だしパック”が何種類もあって、しかもそれが顆粒のものとは違い、天然素材の粉だしだから、結構良い出汁が出る。今回はそれを使って炊いてみた。
f0238572_19272890.jpg
 例によって、中川一辺陶作の加圧土鍋を使用。蓋を閉めて、鍋の溝に水を張る。沸騰して蓋がカタカタと音をたてて一分したら、火を止める。30分くらい放置し、再び鍋の淵に水を張り蓋がうるさく鳴ったら、火を止めて30分放置。えぐみも消えて、ほんのり出汁の風味を纏った筍が炊きあがる。素材がいいので、これで充分。まずは、薄造りにして山葵醤油でいただく。これが、ウイスキーの水割りと合うのだ。

 出汁で炊いた筍をベースに、次は天ぷら。筍を塩麹で和え、ビールで溶いた小麦粉(ウチの場合はイタリア製)を絡めて、菜種油米サラダ油をブレンドした揚げ油で、カラリと揚げる。
f0238572_2017237.jpg
 私は抹茶塩が苦手なので、アンデスの赤い塩を少し振って熱々を頂く。さっくりとした衣と、ジューシーな筍と後で微かに香る絶妙な天ぷらだ。余談だが、塩や醤油にこだわるなら、油にもこだわりたいものだ。私は5年くらい前からずっと揚げものは、このブレンド揚げ油で揚げている。胃にもたれないし、軽くて自然な味だ。たまに、外で揚げものを口にするとスーパーで売られている大手メーカーのサラダオイルがはっきり分かってしまう場合がある。精製を薬品処理に頼るという話も聞いており、匂いと味が舌の上で粘って苦手な感じなのだ。

 今日は遅い昼飯を作って食べた。献立は車海老と生しらす、生青のりのかき揚げ。海老と筍ごはん、それに木の芽汁、カレイの西京漬け。こんな日もたまにはいい。
f0238572_2031109.jpg
 

①車海老と生しらすと生青のりの一口かき揚げ。※左は筍の天ぷら。
f0238572_21383276.jpg

ボールに生しらす、生青のり、刻み葱、車海老を小口に切って、塩麹小さじ2、小麦粉大さじ2と1/2、ビール少々と水で適度なネタを作る。170度くらいの油で揚げる。
f0238572_2047578.jpg


②海老と筍ごはん。
f0238572_20493969.jpg

米は精米し、洗って笊にあけ水を切って釜に移す。分量の水を入れ、小一時間漬け込む。味つけは炒り酒を小さじ2~3。f0238572_21403957.jpg
今日は羽釜で炊く。筍、海老を入れ、蓋をして火にかける。8分くらいすると蓋がカタカタと音を立て噴き出してくるので、2分くらい待ってごく弱火で3分(この間にお焦げが出来る)。火を止めておよそ10分蒸らす。炊き上がったご飯を充分混ぜて、飯茶わんに盛り、木の芽を載せる。


③木の芽汁。
f0238572_2193014.jpg
今の時期なら鯛がいい。魚屋で兜とあらを分けてもらう。それから冷凍庫にあった蟹爪(出雲崎産)を水から煮て灰汁を取りながら、出汁を取る。キッチンペーパーで濾してできた出汁を別鍋に移して、塩味を整えながら温める。
f0238572_21354455.jpg
凍った角山の巻き湯葉があったので椀だねにする。適当に切って、そのまま入れておけば、きれいに解凍する)。碗に注いだら木の芽をたっぷり散らす。

④カレイの西京漬け。これは先日、大田市場の大松でアンコウ鍋を食べた折、お土産に買ってきた大松特製の西京漬け。いろんなことをやりながら、焼いたので少し焦げたが、食べるには支障なし。黒かったからアップは撮らなかったけど、ここんちの西京漬けは最強だ!
[PR]
by oishiimogumogu | 2012-04-12 21:41 | 日々の食卓


酒・食・器そして旅のたわごと・・・


by oishiimogumogu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-28 13:36
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-25 11:09
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-20 20:20
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-14 09:50
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-10 12:45

ライフログ


男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

お気に入りブログ

ご利用はご計画的に。
ご利用はご計画的に。
+nao日記+
虎魚の愚息の独り言
ペルめし。ラテめし。
ハギーの日和見日記
ひろ窯ブログ

Link

カテゴリ

全体
日々の食卓
つくろうシリーズ
旨い店

器・食器・調理器具
酒・酒器
music
Photograph
その他

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
食べ歩き

画像一覧