I love こめ


 チャイムが鳴ったので、急いで階段を下りた。玄関先で宅配便のドライバーから荷物を受け取る。長岡(新潟県)のTさんから米が届いたのだ。鮨屋の寿司飯は別として、外では滅多に米飯を食べなくなってしまった。洋食屋で「パンとライスをお選びいただけます。」と言われれば、「それじゃ、パンで・・・」と答えてしまう。
f0238572_14432897.jpg Tさんの米は旨いから、そうそうこれを越す飯を外で食べるのは難しい。がっかりするくらいなら、食べないほうがよいという訳だ。
 では、なぜ旨いかと云うと、農家のTさんが長岡の地で丹精込めた低農薬米の内、農協などに出荷しないもの、つまり自家用にしている米を分けてもらっているからだ。自家用の米と云うのは、例えば漁師が船上で食べる魚みたいなもので、その場にいるものだけが味わえる役得だ。米の場合は、売るための田んぼとは別に、ほぼ無農薬有機栽培した米で、実は採算を考えていない。それは生産者だけが味わえる、云わばシークレットブランドのコシヒカリなのだ。

 Tさん宅はその米を温湿度管理できる倉庫に1年分蓄えておく。それを私が横から少々いただいている。他にもこういう人が実は何人かいて、それぞれスーパーなどで買った米より格段に旨い米を食べている。しかも、送料も取らずに送ってくれるので、はちゃめちゃに安い。本当に足を向けては寝られない程、感謝している。
f0238572_15123077.jpg
 
 さて、その米だが、毎回私は3kgづつ送ってもらう。一人で食べているので、5kgも10kgもとなると、味が変化してしまうし、置く場所もないからだ。Tさんには迷惑な話だが、勘弁してもらっている。頼めば精米もしてくれるが、玄米のまま送ってもらい、届いたら真空容器に入れて保管し、炊く直前に家庭用精米機で精米する。その日の気分によって、白米にしたり七分搗きにしたりする。精米機も安くなったので、一昨年ようやく手に入れた。f0238572_15152666.jpg
 精米したての米は黙っていても旨い。その米を炊くのは拙宅の場合、土鍋だ。10年前に安物の炊飯電子ジャーが壊れて以来、ずっと土鍋。今のもので、三代目になる。この三代目は京都の雲井窯の炊飯土鍋だが、炊きあがった瞬間に土鍋の蓋と檜の蓋を交換する。すると、蒸らしが終わったころには、ほのかな檜の香りが移って、そん所そこらでは味わえないご飯になるのだ(しかも、冷や飯をレンジで温めた時も檜の香りが残っている)。拙宅の土鍋は2号炊きなので、来客があるときなど実はフライパンでで炊いたりもする。しかしそれでも結構おいしい。ちゃんと蟹穴もできているし、米も立っている。つやつやで香りもよい。
f0238572_14583852.jpg

 この10年で、私の飯炊きの腕は相当なものになった。今じゃ水加減も目分量で無問題。お焦げのコントロールも自在、行ったところにある環境で旨い飯を炊いてみせている。飯盒もOKだ。
 長岡のTさんのおかあちゃんは云う、「みなさんおいしいおいしいって言って下さるが、私らずっとこの米だから、それが普通でよその米は分からんけど、東京の米はそんなにおいしくないんだがね?」農家は、苦労していい米を出荷しているはずなのに、我々の口に入る素気ない米は、どこか間違った政策の賜物なのかもしれない。f0238572_1505296.jpg





 









 土曜日の豚八戒に行く前に見つけた阿佐ケ谷竹八の魚の酒粕漬け。切り落としお徳用。鮭、鰆、鯖など七切れで¥570だった。キッチンペーパーできれいに粕を落として網焼きにした。味はまあまあ。皿:額賀彰夫作
川口納豆 可もなく不可もなく。器:古伊万里の骨董
丹沢大山豆腐(木綿)奴。器:三宅仁三郎作。桜黒拭漆(若い人だけど最近気に入ってます)
豆腐の薬味は柚子胡椒と豆板醤。箸の先でちょっと豆腐に乗せて、醤油をたらす。豆皿:広永窯
ご飯は土鍋炊き。飯椀:深谷 泰作。買って間もなく欠けたので自分で金継した。
 朝起きて歯を磨いたら鰹節を削って、こぶと合わせて出しを取っておく。具は若芽と豆腐とねぎ。味噌は新潟の青木味噌。花麹。汁椀:東 日出夫作。「鯛や平目も舞い踊る」と書いてある。
f0238572_15374328.jpg

[PR]
by oishiimogumogu | 2010-05-11 15:01 | 日々の食卓


酒・食・器そして旅のたわごと・・・


by oishiimogumogu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-28 13:36
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-25 11:09
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-20 20:20
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-14 09:50
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-10 12:45

ライフログ


男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

お気に入りブログ

ご利用はご計画的に。
ご利用はご計画的に。
+nao日記+
虎魚の愚息の独り言
ペルめし。ラテめし。
ハギーの日和見日記
ひろ窯ブログ

Link

カテゴリ

全体
日々の食卓
つくろうシリーズ
旨い店

器・食器・調理器具
酒・酒器
music
Photograph
その他

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
食べ歩き

画像一覧