道具バカ③


f0238572_14213970.jpg

 道具バカと云うものは・・・本当に始末に負えないところがある。包丁もさることながら、こういう木のヘラもいつのまにか増えた。本数は数えなかったが、大きな陶器のスタンド2つ分にもなっていた。一応、料理のシュチュエーションによって使い分けてはいるが、明らかに持ちすぎである。まあ、こんなに無くても料理が出来ないわけではないし、持っていても使いこなせなければ意味もないのだ。
 だが、改めて見るとステンレスやチタンのような金属製のヘラは殆どないことに気がついた。忘れていたが、ここにあるものの殆どが、旅先で見つけたものやセレクトショップで買い求めたもので、記憶をたどれば、一本一本にささやかなストーリーがあったりする。

 この美しい形のオノオレカンバの長もの1本と山桜の木で作った木べら2本は、旅先である二人の木工職人さんと料理談義に耽った産物として出来上ったものだ。どちらも私の手と要望に合わせて作ってある。
 山桜の2本は玉葱をあめ色になるまで炒めるような、長い時間手を動かしている場合でも手首に負担がかからないように角度が付けてある。グリップも掌の大きさに由来するものだ。これは実に使いやすく、実際手首も疲れない。スペアがないので、ガンガン使うのは控えてはいるが、ついつい手が伸びてしまう。
 オノオレカンバの長ものは、中華鍋でチャーハンを作るときや、シチューなどの煮込み料理をかき混ぜるときに使いやすいように作ってもらった。フライ返しとしての機能も果たしている。オノオレカンバという木は、斧も折れると言うほど、非常に硬く成形が大変なのだが、その分丈夫で減らない。長さがある分、大きな鍋にも対応するし、これも手のあたりがとてもよく使いやすい。
f0238572_13455972.jpg

 数ある木べらを眺めてみると、それぞれに何かしらの出会いがあったことを思い出す。そして自分だけの道具を持てる幸福もそういう出会いの中にこそあった。二人の職人さんには本当に感謝している。いつまでも大事に使っていきたい。


by oishiimogumogu | 2010-09-16 14:39 | 器・食器・調理器具


酒・食・器そして旅のたわごと・・・


by oishiimogumogu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-28 13:36
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-25 11:09
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-20 20:20
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-14 09:50
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-10 12:45

ライフログ


男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

お気に入りブログ

ご利用はご計画的に。
ご利用はご計画的に。
+nao日記+
虎魚の愚息の独り言
ペルめし。ラテめし。
ハギーの日和見日記
ひろ窯ブログ

Link

カテゴリ

全体
日々の食卓
つくろうシリーズ
旨い店

器・食器・調理器具
酒・酒器
music
Photograph
その他

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
食べ歩き

画像一覧