パエリヤ


 早速、新しい6mm鉄板のソテーパンで、パエリヤを作ることにした。昨日、双龍屈家にお邪魔した時に、スペインクラブのパエリヤセットをいただいた。折よく、先週の料理教室で、アクアパッツァを作った時のカサゴのデカイ頭でとったスープが冷凍庫にあった。他にも冷凍庫からは鶏肉、ベーコンやら塩豚やらの使い残し、しらす、海老、椎茸、鶏肉、カニカマ、帆立ボイルなどが発見された。ピーマンも2個残っていた。そしてミニトマトもある。
f0238572_2148447.jpg

 パエリヤセットは缶詰のイカスミベースが付いていたが、冷凍庫から次々に出現するこれらの中途半端にに残った食材を一掃する為、セットの米だけを使うことにした。それだけでは少々少なかったので、引き出しの中にあったリゾット用の米とブレンドした。
f0238572_21491853.jpg

 米は、さっと水を通すくらいに洗って、笊に上げて水を切る。その米を大蒜の微塵切りとソフリット(玉葱と人参、セロリの微塵切りのオリーブオイル煮。イタリアンには、頻繁に使うので作り置いてある)をソテーパンで炒める。同時にスープは鍋に入れて、溶かし沸騰させる。沸騰したらサフランを二つまみ投入。
f0238572_21455668.jpg

米に透明感が出てきたら、少しづつスープを注ぎながら掻きまわして、米が水分を吸収し始めたら、またスープを注ぐ。そうやっているうちに、米が炊けて来る。
f0238572_21443828.jpg
 その作業をしながら、隣のコンロのフライパンでピーマンとトマト以外の材料を次々と塩胡椒で炒める。
f0238572_2151384.jpg
 炒めた材料とピーマン、トマトをスープで炒め炊いたパエリヤライスにトッピング。そして、オーブンへ。
f0238572_21543760.jpg
200℃で8分。
 これは、かなり旨そう・・・心が躍る。
f0238572_21564522.jpg
香ばしい香りが鼻をくすぐる。
f0238572_21592896.jpg
 サフランの黄色が鮮やか。仕上げにドライパセリをパラリ。シェリー酒と共にいただく。アルデンテの米の歯ごたえとサフランの複雑で濃厚な風味、プリプリの海老等々・・・材料全てが上手く調和してくれて、我ながら満足。

 【おまけ】この頃この塩がお気に入り。パエリヤの材料を炒めるときにも使ったが、塩の旨みも見逃せない。
f0238572_22112057.jpg

静岡の(株)コイデアソシエイツKSのシーズニングソルト。オレンジセンターでゲットできるそうだ。
by oishiimogumogu | 2012-03-21 22:21 | つくろうシリーズ


酒・食・器そして旅のたわごと・・・


by oishiimogumogu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-28 13:36
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-25 11:09
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-20 20:20
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-14 09:50
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-10 12:45

ライフログ


男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

お気に入りブログ

ご利用はご計画的に。
ご利用はご計画的に。
+nao日記+
虎魚の愚息の独り言
ペルめし。ラテめし。
ハギーの日和見日記
ひろ窯ブログ

Link

カテゴリ

全体
日々の食卓
つくろうシリーズ
旨い店

器・食器・調理器具
酒・酒器
music
Photograph
その他

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
食べ歩き

画像一覧