2011年 06月 16日 ( 2 )

アーカイブス


f0238572_20521759.jpg  イギリス人陶芸家、バーナード・リーチが残した書に『仕方無イカラ、自慢スル』というのがある。毛筆の味のある字で、勿論日本語で書いてある。私は、ただこの書を何処かで見ただけで、何をどのように自慢したのかは、さっぱり分からない。分からないながらも、このフレーズには、何処か親近感がある。

 









 
 親近感があるからと云って、自慢というのとは少しニュアンスが違うのだが、仕事に振り回されてブログ更新を放棄していた時期に撮った写真にこんなのがあった。
f0238572_20573967.jpg

 今年の正月の宴である。料理は、一部を除いて、『寿司いずみ』の正月料理。一つ一つに正月ならではの云われがある。鮑やなまこ、しめ鯖、きんとん、煮蛤、酒盗、このわた等々・・・
f0238572_212429.jpg

 其々、とっておきの日本酒とワインを持ち寄り、正月早々いいように酔っ払い、楽しい時間を過ごせた。そんな写真が、ファイルに置き去りにされていた。未公開だから、アーカイブでもないのだが、自分の中ではなんとなくそう感じた。まあ、記念写真というところだう。
 最後に念の為、これは自慢ではない。でも、旨そうだろう・・・



by oishiimogumogu | 2011-06-16 21:09 | 日々の食卓

上野の森へ

 先週、わざわざ平日を選んで上野の森に出かけた。ずっと、見たいと思っていたレンブラント展にようやく行くことが出来た。そればかりか、同行していただいた方の提案で、写楽展も見ることが出来た。
 わざわざ平日を選んだのは、このテの大規模なイベントは、休日だとどうにもならない程込み合うからである。しかし、平日でも油断ならない。悠長に構えていると、入場制限に捕まってしまう。
 だから、我々は美術館の開館めがけて、待ち合わせして飛び込んだ。先にレンブラントから。本当なら、朝の9時半から美術鑑賞するには、アタマがまだ本調子ではないのだが、1時間も並んで人垣をみているようなのも厭だった。しかし、それでも大勢の人々で館内は、ひしめき合っていた。
f0238572_2334427.jpg
 人の前に出たり、後ろに回ったり、とにかく一つの絵画を見るために、前後左右の人達に気を使いながら、また、周囲の人達も其々に気を使いながら、一点一点見て行く。レンブラントは、殆どがエッチングの作品。それも相当数が多い。同じ高さに一列に掛けられ、作品と作品の間隔が狭い。
f0238572_23415780.jpg
 写楽展も同じ。点数が多くて、狭い展示間隔のところに人々が押し寄せている。近年、上野の美術館や博物館の絵画の展覧会は、こういう傾向が強い。恐らく、どちらの展覧会も来場者の大多数が結構疲れたと感じるのではなかろうか。
 人が多いことは、周知なのだから、もう少し点数を絞って、作品の間隔を開けたり、壁以外のスペースを上手く利用しての展示方法を考えてほしいものだなと思った。

 まあ、たった1500円くらいで、あれだけの点数の作品が見られるのだから、文句も言えないのかもしれないが、私としては5000円払ってもいいから、好きな作品の前で座ったり寝転んだりしながら、見ることに没頭し、あわよくば不謹慎ながら、ブランデーの一杯でも舐めながら、作品の魅力に酔いしれたい・・・というエゴイストの尊大な妄想が頭をよぎる。

 とは云え、レンブラントの光を捉える感覚の素晴らしさ、写楽の版画の生き生きした躍動感に少しは触れることが出来たのだし、話も弾んで楽しい一日だった。
 写楽展を開催していた近代博物館を出て、ふと見ると建物の間にスカイツリーが見えた。この写真は、小さく映ってしまっているが、実際はとても近くに見えた。
f0238572_053377.jpg

 

 四時間近く、美術鑑賞をした後は、やはり旨いものが食べたい。同行していただいた方が、御徒町のぽん多に連れて行ってくれた。4か月に一度の歯科検診の帰りに必ず寄る代官山のほん多の本店だとのこと。
 低温で時間かけて揚げるカツレツは、肉の旨みを最大限に引き出しているように思える。鼻の奥に残るジューシーな香りがたまらない。
f0238572_04873.jpg

 以下の写真は、代官山のぽん多で、昨年のクリスマスに食べた料理の数々。小柱のフライ、タンシチュー、ポークソテー、カツレツ。
f0238572_0323274.jpg
 店は地味なのに、出てくる料理は単なるとんかつ屋の粋を超えている。さしずめ良質の肉をふんだんに使った洋食屋の雰囲気を醸し出す。どれも旨かった。
f0238572_0504753.jpg




by oishiimogumogu | 2011-06-16 00:36 | その他


酒・食・器そして旅のたわごと・・・


by oishiimogumogu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-28 13:36
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-25 11:09
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-20 20:20
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-14 09:50
なんだか良く分からなくなるほ..
at 2012-11-10 12:45

ライフログ


男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

お気に入りブログ

ご利用はご計画的に。
ご利用はご計画的に。
+nao日記+
虎魚の愚息の独り言
ペルめし。ラテめし。
ハギーの日和見日記
ひろ窯ブログ

Link

カテゴリ

全体
日々の食卓
つくろうシリーズ
旨い店

器・食器・調理器具
酒・酒器
music
Photograph
その他

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
食べ歩き

画像一覧